香水 Penhaligon’s「永遠の愛」 香水はいい意味のものを♥

体にまとう香水なので、香水を選ぶときはいい意味のものを選ぶといいそうです
日本には言霊と言う言葉があるので理解しやすいと思います。
某有名ブランドのenvy「妬み」とか・・・
「妬まれるほどに」とか関係ありません。
言葉は言葉ですから

神様は主語を聞かず、述語のみって言われていますし。
香水は便がかわいいとテンション上がりますよね♪
そこでさらに自分の好みだったらかなり嬉しい

今回のPenhaligon’sの香水

テーマ「永遠の愛」

ここはピンもかわいいです♥


「永遠の愛」をテーマとして作られた華やかで優しい香り リリー オブ ザ バレー(Lily Of The Valley)は「永遠の愛」をテーマとして作られたフレッシュなグリーン・フローラルの華やかで優しい香り。
愛情を表現する花として贈られるスズラン。
その香りの立ち上がりは無垢で繊細、やがて気分を高揚させてくれる爽やかですがすがしい香りへと変化。
ライトでフレッシュな香りが好きな方へおすすめ。

Ellenisia 妖精が名前の由来♪

たおやかな内面からにじみ出る洗練と自信を表現した香り。気持ちを高揚させるガーデニアとみずみずしいローズが豊かに広がり、ベースにはうっとりするようなバニラとプラムが漂います。ケルト語のELEN(妖精)から名づけられたネーミングのように、神秘的でありながら、不思議な魅力をもったフレグランス

Elisabethan Rose

雨上がりのローズガーデンに足を踏み入れた時のように、ヘーゼルナッツリーフが爽やかですっきりとした清々しい空気を彷彿させながら、シナモンとアーモンドオイルが、まるでシルクのように香りの渦を巻き起こします。やがて、レッドリリーとローズアブソリュートが明るく丸みのある印象を生み出し、柔らかな香りへと移ろいます。そして、ベチバーとウッド、そしてムスクの力強く温もりのある香りが、肌をやさしく包み込んでいきます。まるでエリザベス女王のために作られた王冠のように、品格あふれるローズの香り

Penhaligon’s English Bluebell


ピュアで美しい英国の森へといざなう香り ペンハリガン イングリッシュ ブルーベル(Penhaligon’s English Bluebell)は森を潤す突然の通り雨の気配と、再び木々の隙間に差し込む優しい日差しのコントラストを鮮やかに描写した香り。
ヒヤシンス、ローズ、リリー、そしてジャスミンの香りが、ブルーベルの森に住むといわれる妖精たちの様に神秘的に現れ、スパイシーなクローブやシナモン、そして少しビターな樹脂の香り。

Penhaligon’s Artemisia


華やかで甘くフェミニンな香り アルテミジア(Artemisia)はフルーツと花のブレンドが、華やかで甘くフェミニンな香り。
17世紀に活躍したイタリア女流画家”アルテミジア・ジェンティレスキ”にインスパイアされたフレグランス。
ラストにはムスクと上質なバニラが大人の女性を演出。
バスタイム後の肌をさらさらに、心地よい香りに包みこむ。


Penhaligon'sIris Prima Eau De Parfum Spray 50ml/1.7ozPenhaligon'sEau Sans Pareil Eau De Toilette Spray 100ml/3.4ozEquinox Bloom Perfume by Penhaligon's 3.4 oz EDP Spay for Women



ELLE SHOP(エル・ショップ)

13色の本革で組み合わせ
ラッキーカラーで財布やカードケースが作れる♪
金運の泉
縁起物は気軽に取り入れる